メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 再就職支援に影響 「ずっと失業者か」 面接会中止、求人も減少

ハローワークで渡された冊子を見つめる男性。赤い斜線がセミナーの中止を示す=2020年4月3日、斎藤文太郎撮影(画像の一部を加工しています)

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ごうと、各地のハローワークが面接会などの求職者支援を中止している。急激な景気の低迷で求人を出す企業も減っており、職を求める人からは「このままでは再就職難民だ」との不安も漏れる。

 「ずっと失業者かも、と思うとお先真っ暗な気持ちです」。東京都北区の男性(35)は肩を落とした。3月末で失業し、再就職を目指している。これまでにハローワークや民間の職業紹介業者を通じて約30社に応募したが、8割超から不採用通知を受けた。

 残る数社の面接に望みを託すが、期待感は薄い。民間業者の女性スタッフからは、コロナ流行による景気の減速を念頭に「出していた求人を引き揚げた会社もある。不採用が多くなると思います」と厳しい見通しを告げられた。

この記事は有料記事です。

残り717文字(全文1043文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 米総領事館、香港の活動家4人の政治亡命を拒絶 米中対立を避ける思惑か

  3. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 持続化給付金詐取容疑、全国で55人逮捕 SNSで若者勧誘も 返還相談2000件超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです