連載

岐路の風景

歴史の転換期となった文化的事象を取り上げ、現代の視点から改めてその意義を探ります。

連載一覧

岐路の風景

魯山人「美食倶楽部」から100年 思想が込められた器 何必館・京都現代美術館館長 梶川芳友さん

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

何必(かひつ)館・京都現代美術館館長

 魯山人を知って60年近くになります。書から篆刻、絵画、陶芸まで数多く所蔵しており、展覧会も何度も開催しています。プライベートでも道具として日々、使い続けてきました。

 器は、それ自体が格段の精度のものとは思いません。技術的なことをいえば、他に優れた作家は多くいます。私がひかれるのは、作品に織り込まれている魯山人の思想哲学です。長い年月…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文465文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集