メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 放課後等デイサービス事業者 「現場の疲労限界」 県立学校再開延期で悲鳴 /群馬

職員が障害のある子どもたちとほぼマンツーマンで向き合う放課後等デイサービス第2琳琳=群馬県渋川市北橘町で

 県立学校の再開延期で、障害のある子どもが利用する放課後等デイサービス(放デイ)の事業者は悲鳴を上げている。突然の臨時休校で本来の時間より早く開所し、新型コロナウイルスの感染予防に神経を擦り減らす日々で、現場の疲労は限界。今回の再開延期でさらなる負担を強いられることになる。

 「気持ちを奮い立たせてきたけれど、また…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文393文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. 終活ナビ 年金受給75歳まで繰り下げがいい?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです