メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 放課後等デイサービス事業者 「現場の疲労限界」 県立学校再開延期で悲鳴 /群馬

職員が障害のある子どもたちとほぼマンツーマンで向き合う放課後等デイサービス第2琳琳=群馬県渋川市北橘町で

 県立学校の再開延期で、障害のある子どもが利用する放課後等デイサービス(放デイ)の事業者は悲鳴を上げている。突然の臨時休校で本来の時間より早く開所し、新型コロナウイルスの感染予防に神経を擦り減らす日々で、現場の疲労は限界。今回の再開延期でさらなる負担を強いられることになる。

 「気持ちを奮い立たせてきたけれど、また…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文393文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  3. コロナで変わる世界 <移民編 インタビュー③>広瀬弘忠さん 感染を外国人のせいにする行政「ヘイト」は問題

  4. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  5. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです