メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 手続き待合、屋外にも 松山市役所、パイプ椅子15脚 /愛媛

屋外に設置した椅子を消毒する松山市職員=松山市二番町4の松山市役所で、遠藤龍撮影

 就職や転勤などに伴う転出入の手続きで市民の来所が増えるのに合わせ、松山市は、新型コロナウイルスの感染防止として市庁舎外に待合用の椅子を置くなどの対策に取り組んでいる。

 市民課によると、感染リスクが高いとされる3密(密閉、密集、密接)を避ける目的で3月下旬から対策を強化。正面玄関外にパイプ椅子15脚…

この記事は有料記事です。

残り177文字(全文327文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  2. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. 「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです