衆院静岡4区補選、コロナに苦戦 集会中止「手応えない」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスは国政選挙にも影響を及ぼしている。与野党対決となる14日告示、26日投開票の衆院静岡4区補選では、自民党や野党統一候補の陣営はともに「3密」(密閉、密集、密接)を避けるため、屋内の集会は軒並み中止し、握手も行っていない。これまでとは勝手の違う前哨戦に与野党ともに「手応えがつかめない」と四苦八苦。野党からは投票率低下を懸念する声が漏れる。

この記事は有料記事です。

残り1144文字(全文1323文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい