連載

経済観測

毎日新聞経済面に連日連載の経済コラム。経営者や経済評論家らが独自の視点で、経済の今とこれからを展望する。

連載一覧

経済観測

迷走する「官邸主導農政」=資源・食糧問題研究所代表 柴田明夫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 複雑怪奇という印象だ。政府が3月31日に閣議決定した、新たな食料・農業・農村基本計画のことだ。新型コロナウイルス感染症による輸入の停滞が、我が国の食料の安定供給に及ぼすリスクが高まっているなか、2015年基本計画で45%とされた食料自給率目標(カロリーベース)がどう変わるのか関心があった。

 新計画では、足元で過去最低の37%に落ち込んだ従来のカロリーベースの自給率を30年度に45%に引き上げるとしている。しかし、それに必要な国内農業の生産基盤強化の前提として「農業の成長産業化」をうたっていることが気にかかる。個々の農家が成長を目指すのは当然としても、農…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文700文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集