メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『スゴ母列伝』=堀越英美・著

「スゴ母列伝」(堀越英美さん著・大和書房)

 (大和書房・1650円)

 賢母とか慈母とか、求められるのは正直しんどい。著者は「正しい母になりきろうとするのではなく、自分を貫いて独特な育児をするスゴい母」を「スゴ母」と定義した。『不道徳お母さん講座』(河出書房新社)などの話題作を持つライターが、古今東西11人のスゴ母エピソードを集めた。自分を貫く母たちと、それを邪魔しない周囲の温かさがいい。

 一番手に登場するのは、岡本太郎の母、作家の岡本かの子。幼き太郎がまとわりつくと、柱に縛って仕事に励んだという逸話は有名である。太郎は著作で「息子には言えない悩み、悲哀、絶望感、さまざまの深い思いを『母親』という役割の中に押しくるんで、懸命に母親としてふるまってきたのだ」(『一平 かの子―心に生きる凄(すご)い父母』)と、母を思いやる文章を残している。こんなことを言える息子、そういない。

この記事は有料記事です。

残り125文字(全文494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆうちょ銀「mijica」で不正引き出し 54人の計332万円 送金機能を悪用

  2. 山口達也容疑者「友人宅へ行く途中だった」 酒気帯び運転容疑 警官運転の車に追突

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  5. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです