メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

渡辺保・評 『忘れられぬ人々 故旧哀傷・二』=中村稔・著

中村稔さん著「忘れられぬ人々 故旧哀傷・二」(青土社)

 (青土社・1980円)

法律家・詩人ならではの感性見る

 フランス文学者白井健三郎の名前は、私も学生の頃に読んだサルトルやカミュの翻訳者として知っていた。あれからおよそ半世紀余り。その白井教授が忽然(こつぜん)と私の目の前に現れた。中村稔の「忘れられぬ人々 故旧哀傷・二」のなかの一人として。

 「忘れられぬ人々」は、詩人でありまた有名な弁護士である著者がその生涯に出会った人々を描いている。弁護士としての師中松澗之助から俳人加藤楸邨(しゅうそん)にいたる十一人。いずれもその横顔生けるが如(ごと)く、イキイキと紙上によみがえって、さながら小説を読むような面白さである。白井健三郎もその一人である。

 白井健三郎は無類の話好きであった。著者と同じ大宮に住む白井健三郎に町で出会うと、乗っていた自転車を脇において何時間も話し続けてしまうことがあった。そのくせ家の玄関には「忙中謝客」という札が掛かっている。それでもかまわず呼び鈴を押すと、にこにこ笑いながら現れた白井健三郎は著者を離さずたちまち数時間が経(た)つことしばしばだった。

この記事は有料記事です。

残り916文字(全文1378文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. ORICON NEWS 元SMAP森且行選手、落車し緊急搬送 骨盤骨折で入院、全治不明

  3. プラットフォーマー虚偽表示に販売停止要請 消費者保護法案

  4. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  5. #自助といわれても 町から届いた冷酷な順序 ALS患者でさえ家族介護を求める行政の“誤解”

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです