メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

渡辺保・評 『忘れられぬ人々 故旧哀傷・二』=中村稔・著

中村稔さん著「忘れられぬ人々 故旧哀傷・二」(青土社)

 (青土社・1980円)

 フランス文学者白井健三郎の名前は、私も学生の頃に読んだサルトルやカミュの翻訳者として知っていた。あれからおよそ半世紀余り。その白井教授が忽然(こつぜん)と私の目の前に現れた。中村稔の「忘れられぬ人々 故旧哀傷・二」のなかの一人として。

 「忘れられぬ人々」は、詩人でありまた有名な弁護士である著者がその生涯に出会った人々を描いている。弁護士としての師中松澗之助から俳人加藤楸邨(しゅうそん)にいたる十一人。いずれもその横顔生けるが如(ごと)く、イキイキと紙上によみがえって、さながら小説を読むような面白さである。白井健三郎もその一人である。

 白井健三郎は無類の話好きであった。著者と同じ大宮に住む白井健三郎に町で出会うと、乗っていた自転車を脇において何時間も話し続けてしまうことがあった。そのくせ家の玄関には「忙中謝客」という札が掛かっている。それでもかまわず呼び鈴を押すと、にこにこ笑いながら現れた白井健三郎は著者を離さずたちまち数時間が経(た)つことしばしばだった。

この記事は有料記事です。

残り931文字(全文1378文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 歌手の守屋浩さん死去 81歳 「僕は泣いちっち」「大学かぞえうた」

  2. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  3. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  4. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  5. 台風12号、24~25日に東日本から東北に接近の恐れ 土砂災害など警戒を

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです