メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『日本文化の核心 「ジャパン・スタイル」を読み解く』=松岡正剛・著

「日本文化の核心 「ジャパン・スタイル」を読み解く」(松岡正剛さん著・講談社現代新書)

 (講談社現代新書・1100円)

 「編集工学」のパイオニア松岡正剛氏が日本文化に斬り込む。≪日本文化はハイコンテキストで、一見、わかりにくいと見える文脈や表現にこそ真骨頂がある≫、とまず宣言。キーワードは「ジャパン・フィルター」だ。客神フィルター、神仏習合フィルター、かぶきフィルターなどユニークな切り口が並ぶ。これらが外来のもの、普遍的なものを独自に変形していくのだという。

 松岡氏は博識で、日本のことなら何でも知っている。しかもそれを、やたら西欧の普遍言語に置き直してしまうと台無しだとわかっている。そこで氏は、西行や親鸞や世阿弥や……の懐に入り込む、背負い投げのような論法をとる。簡単に結論は出さない。日本ローカルの言語でしか語れないディテールが大事なのだ。

この記事は有料記事です。

残り163文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆうちょ銀「mijica」で不正引き出し 54人の計332万円 送金機能を悪用

  2. 山口達也容疑者「友人宅へ行く途中だった」 酒気帯び運転容疑 警官運転の車に追突

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  5. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです