メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

感染急増が変えた米国のマスク文化 習慣なかった市民が着け始めた意味 新型コロナ

米ニューヨークでマスクを着けて歩く市民=AP

 米国では、日本などとは違い一般市民が予防目的でマスクをする習慣がなかった。「病気になった人が使うもの」というイメージが強く、マスクをしていると、その人がウイルスに感染していると受け止める人も多い。ニューヨーク市では2月上旬、地下鉄の駅でマスクをしていたアジア系の女性が男に突然暴行を受ける事件も起きた。

 しかし、感染者の急増でそんな文化にも変化が出ている。感染者数が約6万人のニューヨーク市内ではこの1、2週間でマスクを使う人が増加。食料の買い出しでスーパー前に並ぶ際にも多くの人が6フィート(約1・8メートル)離れた上でマスクを着けるほど、市民が敏感になっている。多くの場合は感染のリスクから自分を守りたいという心理が働いているとみられる。

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文970文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京、コロナの警戒レベルを最高に 「感染拡大」 小池都知事、緊急記者会見へ

  2. 結核7人集団感染 1人死亡、6人は家族や関係者 北九州市

  3. 政権批判の「料理動画」なぜ人気 声高主張より「蒸し鶏」で 「クッキング議員」に聞く

  4. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  5. 韓国、コロナ抗体ほぼ確認できず 3055人検査 集団免疫「不可能」指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです