二酸化炭素排出、50年度にはゼロ 浜松市戦略 /静岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 浜松市の鈴木康友市長は3月30日の定例記者会見で、2050年度までの二酸化炭素(CO2)排出実質ゼロを目指す「浜松市域RE100」を表明した。RE100とは、市内の総電力使用量に相当する電気を再生可能エネルギー(RE)で生み出すこと。

 鈴木市長は「浜松市は太陽光発電導入・発電量とも日本一で、再生可能エネルギー導入の先進都市に位置づけられている。浜松が先駆け…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

あわせて読みたい

注目の特集