メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京の人今日の人

元海上自衛官の府警巡査 皆倉賢人さん 「市民守る」願い転身 /京都

1月末に府警察学校を卒業し、山科署に配属された皆倉賢人さん=京都市山科区の同署で2020年3月18日午後1時5分、添島香苗撮影

 2020年1月末に府警察学校を卒業し、警察官としての第一歩を踏み出した。前職は海上自衛官。採用の年齢制限ぎりぎりで新たな道を歩み始めた今、「毎日が楽しくて仕方が無い」と笑う。

 埼玉県出身。元消防士の父、看護師の母の背中を見て育ち、幼少期から「人の役に立つ仕事がしたい」と漠然と考えていた。先に入校した兄の影響もあり06年、広島県の海上自衛隊第1術科学校に入校。10年に卒業し徳島、兵庫の基地で電子機器の整備を担った。

 だが次第に、自らの仕事に迷いを抱くようになった。基地内で業務が完結することが多く、市民との接点が少なく「国民を守っている」という実感がなかなか湧きにくかった。「これは本当に自分のしたかったことなのか」。自問自答する日々が続いた。

この記事は有料記事です。

残り912文字(全文1236文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 新閣僚「人となり報道」は本当に必要か? 香港からの問いかけ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 東京で新たに220人の感染確認 200人超えは6日ぶり 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです