メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

負けない・新型コロナ

知識乏しい葬儀危険 県葬祭業協同組合理事長 鈴木勝士さん(71) /奈良

「万一、新型コロナウイルスで近親者が亡くなった場合、感染拡大を防ぐためにも葬儀業者はきちんと選んで」と話す鈴木理事長=大和高田市三和町で2020年3月26日午前10時49分、稲生陽撮影

 県内では今のところ新型コロナウイルスによる死者は出ていないが、もし万が一の場合はどうなるのか。県葬祭業協同組合の鈴木勝士理事長(71)=大和高田市=に備えを聞いた。【聞き手・稲生陽】

 ――全国的に人の集まる催しが中止されていますが、葬儀の現状は?

 ◆3月初旬から、葬儀の規模を縮小し、近親者以外は通夜や式への出席を辞退してもらうという動きが増えてきました。団体などでの参列もほとんどなくなっています。葬儀は一般の催しと違ってキャンセルできないものだけに、喪主も「迷惑をかけないように」とかなり悩まれるようです。この時期に亡くなられる人が本当にお気の毒でなりません。

 ――組合として感染拡大にどう備えていますか?

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文961文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナの検査させて」 小学生らを誘拐未遂、容疑で23歳逮捕 兵庫県警

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. GoToキャンペーン 国交相、異例の金額と認め縮小言明 業者選定過程は公表せず

  4. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  5. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです