メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

「部屋は全く静かだ。かすかな求職者のさざめきが聞こえる…

[PR]

 「部屋は全く静かだ。かすかな求職者のさざめきが聞こえる。電話が鳴った。新しい仕事だ。『チャンスをくだせえ』。事務員は2人選び出す。残り1000人の絶望的な人々が無言の訴えの中に凍りつく」▲90年ほど前に大恐慌に見舞われた米国の職業あっせん所の様子である(秋元英一著「世界大恐慌」)。失業率は25%に迫って、1200万人以上が路頭に迷った▲その再来を思わせるコロナショックである。先週発表された米国の失業保険の申請数はリーマン・ショック時の10倍にも上った。4%台の失業率は大恐慌並みに悪化するとの見方がある。2%台の日本も、雇い止めが相次いだリーマン級の5%台になるとの予測もある▲政治に必要なのは、失業を防ぐだけでなく社会不安も鎮めることだ。大恐慌下の米国は銀行も傾いた。就任直後のルーズベルト大統領は銀行支援の決定と同時にラジオで国民に語りかけた。「お金は寝床の下より銀行に預けた方が安全と保証しますよ」。温かな口調が人々の心に響き、取り付け騒ぎどころか預金が増えたという▲トランプ大統領はいったんニューヨークを事実上封鎖する方針を打ち出したが、効果を疑問視する知事らの批判を浴びて直後に撤回した。大統領選へ指導力を誇示しようとして、混乱を招く始末だ▲安倍晋三首相も胸を張れまい。政府が今週にもまとめる経済対策は「緊急」と称しているが、日々の生活に困っている人に支援が届くのはまだ先だ。これでは不安は収まらない。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 時代の風 菅政権1カ月 民主主義の本質は議論=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです