メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中のはざまで

安保条約60年 第2部/5 対中輸出規制、米が同調圧力 ハイテク対立、日本に踏み絵

 米中両国が、軍事や経済で互いの影響を排除するデカップリング(分離)と呼ばれる動きが進む。米国が安全保障上の懸念を理由に中国向けの輸出規制を強化すると、中国も報復的な措置の検討に入るなど、ハイテク分野で米中間の競争と対立が激しさを増しているためだ。さらに中国は海底ケーブルや衛星など通信手段も米国とは違う独自の体制構築を狙う。米中が分離を強める世界は、日本に厳しい選択を迫る。【「米中のはざまで」取材班】

 「米国の安全保障を損なうと見なされれば、禁輸措置の対象になりかねない。十分に気をつけてほしい」。2018年秋、経済産業省の貿易管理担当者は国内半導体製造装置メーカー各社に説明に回っていた。

この記事は有料記事です。

残り3123文字(全文3420文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  3. 「真の文武陵」異例の成果 奈良・中尾山古墳 陵墓指定なく調査可能

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. 新年一般参賀中止を発表 昭和天皇逝去後の1990年以来 宮内庁、感染拡大懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです