メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ スペイン 死者4割、施設の高齢者 防護服足りず職員から感染か

高齢者施設で新型コロナウイルスの検査を行うNGOの医療スタッフ=スペイン・バルセロナで1日、AP

 新型コロナウイルスの感染者、死者が急増しているスペインで、死者の少なくとも4割が高齢者施設の入居者だったと地元メディアが報じ、国内に衝撃が広がっている。施設職員にマスクや防護服が十分に行き渡っていないことが原因とみられ、施設への対応が後手に回った政府に批判が集中している。

 米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、スペインの死者は4日午後現在で約1万2000人。ラジオ局カデナ・セールによると、2月下旬以降、首都マドリード以外の地域で高齢者施設の入居者計2100人が死亡。マドリード州は実数を公表していないが、州首相は施設入居者の死亡数は約2000人だとカデナ・セールの取材に答えており、死者のうち約4100人が高齢者施設の入居者だったことになる。

 施設で感染が広がったのは、職員から入居者への感染を防ぐマスクや防護服の不足が原因とされる。地元紙エルパイスによると、介護事業者で作る団体は政府や自治体に支給を要請したが、医療資源不足に直面する政府からは無回答だった。

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文813文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです