特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京2020・決定から7年

「新国立」工費膨張で曲折 旧建設計画を白紙撤回

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
白紙撤回された新国立競技場のイメージ図=日本スポーツ振興センター提供
白紙撤回された新国立競技場のイメージ図=日本スポーツ振興センター提供

 「国家プロジェクトだから予算はなんとかなる」。2013年秋、新国立競技場の計画を事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)や所管の文部科学省は甘く見ていた。当初1300億円とされた工事費が3000億円超に膨らむと試算した設計会社の指摘に耳を貸さなかった。

 旧計画は「キールアーチ」と呼ばれる2本の巨大な弓状構造物が特徴で、世界的な建築家、故ザハ・ハディドさんがデザインした。安倍晋三首相は東京開催を決めた13年9月のIOC総会で「どんな競技場とも似ていない真新しいスタジアム」の建設を表明した。

 「国際公約だからデザインは変えられない」。設計会社が複数のコンパクト化案を示し、ザハ事務所も理解を示していたものの、官僚らは首相に忖度(そんたく)し、不都合な真実を隠し続けた。

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文670文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集