メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

BCG、コロナに効果? 研究者注目 接種多い国、死者少なく

子どもの腕に残るBCG接種の痕

 結核予防のためのBCGワクチンに、新型コロナウイルスの感染予防効果があるのではないか――。感染者が100万人を突破し、勢いが止まらない新型コロナについて、感染防止を期待させる情報が世界中を駆け巡り、人々の注目を集めている。BCGのワクチン接種に取り組んでいる国々で感染者や死者が少ないためで、BCGの有効性を確かめる臨床試験が各国で計画されている。

 BCGは、もともとは牛に感染する結核菌の毒性を弱めて作られ、接種すると9本の針が並んだ注射器の痕が長年残ることから「はんこ注射」として知られる。日本では敗戦直後から国民への接種が進められ、現在は予防接種法の施行令に基づき1歳になるまでに接種することとされている。

この記事は有料記事です。

残り854文字(全文1161文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  3. 遺体次々発見、変わり果てた姿に 言葉を失う被害の大きさ 熊本豪雨

  4. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  5. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです