メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

西村康稔経済再生相

 西村康稔経済再生担当相は5日のフジテレビの番組で、新型コロナウイルスの感染者が東京都内で4日新たに118人確認されたことについて「非常に切迫した状況になってきている」との認識を示した。オーバーシュート(爆発的な患者急増)が起きてからでは遅いとし、必要に応じて緊急事態宣言の発令を「ちゅうちょなくやる」と語った。

 その上で、宣言の根拠法である新型インフルエンザ等対策措置法は「民主党政権(時代)にできた法律で、非常に緩やかな法体系だ」と指摘し、欧米諸国が行っているような罰則付きの外出禁止措置はできないと説明。「交通機関は動きます。会社にも行けます」とも述べた。

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文522文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿区、困窮者に退出促す ホテル滞在、東京都の延長知らせず

  2. 国際線運休で帰れない…関西のベトナム人技能実習生、生活困窮深刻に

  3. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  4. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  5. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです