徳島市長選 無所属新人の36歳内藤氏が初当選 史上最年少の女性市長誕生へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
徳島市長選で当選確実となり、喜ぶ内藤佐和子氏(中央)=徳島市で2020年4月5日午後10時27分、望月亮一撮影
徳島市長選で当選確実となり、喜ぶ内藤佐和子氏(中央)=徳島市で2020年4月5日午後10時27分、望月亮一撮影

 任期満了(17日)に伴う徳島市長選が5日投開票され、街づくりの市民団体代表で無所属新人の内藤佐和子氏(36)が、再選を目指した無所属現職の遠藤彰良氏(64)を破って初当選した。内藤氏は36歳と8日で、史上最年少の女性市長が誕生する。投票率は38・88%(前回45・70%)だった。

 阿波踊り運営のほか、徳島県との対立で見…

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文358文字)

あわせて読みたい

注目の特集