メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国からNY州へ人工呼吸器1000台寄贈 アリババ幹部らの財団

米ニューヨーク州のクオモ知事=AP

 新型コロナウイルスの感染者が11万人超に達している米東部ニューヨーク州のクオモ知事は4日、中国側から深刻な不足に陥っている人工呼吸器1000台の寄贈を受けたと明らかにした。クオモ氏は「我々に大きな変化をもたらすだろう」と述べた。

 同州によると、人工呼吸器は、中国電子商取引大手・アリババ集団の副会長による財団が寄贈。創業者の馬雲(ジャック・マー)氏の財団とともに、100万枚の医療用マスクなども贈った。人工呼吸器は4日にニューヨークの空港に到着したと…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文565文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京、コロナの警戒レベルを最高に 「感染拡大」 小池都知事、緊急記者会見へ

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 東京・板橋で女性刺され死亡、殺人事件で捜査 同居の30代夫と連絡取れず

  4. 結核7人集団感染 1人死亡、6人は家族や関係者 北九州市

  5. 河井夫妻の保釈請求を却下 東京地裁決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです