メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「平和が訪れるのか確信が持てない」 自衛隊が去り、なお混迷の南スーダン

南スーダンを巡る構図と今後の流れ

 アフリカ・南スーダンで国連の平和維持活動(PKO)に参加していた陸上自衛隊部隊が2017年5月に撤収してから、もうすぐ3年を迎える。自衛隊が去った後、この国では紆余(うよ)曲折を経て今年2月に政府と反政府勢力の連立政権が樹立された。だが、深刻な人道危機は今も続いており、難民・避難民らは「平和になるのか確信できない」と訴える。【ジュバで小泉大士】

この記事は有料記事です。

残り3516文字(全文3690文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福井・勝山市長選 水上氏が初当選

  2. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  3. 岐阜・羽島市長選 松井氏が3選

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです