メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三菱京都病院の医師が新型コロナ感染 症状出た後、患者数人診察か 外来中止

京都市役所=京都市中京区で、飼手勇介撮影

 京都市は4日、三菱京都病院(同市西京区)に勤務する50代の男性医師が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。同病院は4日、ホームページ(HP)で医師の感染を公表したほか、感染拡大を防ぐために5~7日の3日間、救急や外来診療などの受け入れを中止する。

 市によると、医師は3月29日にせき、同31日夜…

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文317文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  5. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです