メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジーンズ会社がデニムマスク 販売好調でも「早く収束して」 新型コロナ

「じぃんず工房大方」が作ったデニム製マスク=高知県黒潮町の同社で2020年3月29日、上野力撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大でマスクが不足する中、ジーンズ製造会社「じぃんず工房大方」(高知県黒潮町下田の口)が作ったデニム製のマスクが人気だ。何度でも洗うことが可能。マスク裏面にはポケットがあり、ガーゼを入れて使用することもできる。1日約500枚を生産しており、売れ行きは好調という。

 北海道北見市のデパートにある高知の特産品販売店が2月下旬、道内の新型コロナ…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文456文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相、一律10万円「あれは政府の借金、さらに増やすのか」 再支給に否定的

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  5. 東京都内で新たに1175人の感染確認 重症者は158人 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです