メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジーンズ会社がデニムマスク 販売好調でも「早く収束して」 新型コロナ

「じぃんず工房大方」が作ったデニム製マスク=高知県黒潮町の同社で2020年3月29日、上野力撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大でマスクが不足する中、ジーンズ製造会社「じぃんず工房大方」(高知県黒潮町下田の口)が作ったデニム製のマスクが人気だ。何度でも洗うことが可能。マスク裏面にはポケットがあり、ガーゼを入れて使用することもできる。1日約500枚を生産しており、売れ行きは好調という。

 北海道北見市のデパートにある高知の特産品販売店が2月下旬、道内の新型コロナ…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文456文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  3. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. ソウル市長、失踪か 娘「遺言のような言葉残し外出」 元秘書がセクハラ訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです