メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近鉄新型特急「ひのとり」 仕事以外でも乗ってみたい快適なシート

大阪難波駅で発車を待つ近鉄の新型特急「ひのとり」=大阪市中央区で2020年4月3日午前9時47分、柴山雄太撮影

 3月14日に運行を開始した大阪と名古屋を結ぶ近畿日本鉄道の新型特急「ひのとり」。「日本初」の設備も導入されていると聞き、名古屋に出張予定があった記者が早速、これ幸いと乗車してみた。【柴山雄太】

 ひのとりは、近鉄の特急としては2013年3月の「しまかぜ」以来となる新型車両。最高速度は130キロ、所要時間は最短2時間5分で従来の特急と変わらないが、「くつろぎのアップグレード」をコンセプトに、車内の快適性を向上させている。

 取材を兼ねた乗車ということで、記者は特別に車庫から大阪難波駅までの回送列車から乗せてもらった。先頭に配置されたプレミアム車両に入ると、なんと言ってもシートが広い。前後の間隔は130センチで、日本の鉄道では最大級だという。

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文1017文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです