メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京都知事「新たな段階に入った」 半分が感染経路不明

新型コロナウイルス感染拡大防止を呼びかける小池百合子都知事を映し出したスクランブル交差点の電光掲示板=東京都渋谷区で2020年4月5日午後4時13分、北山夏帆撮影

 東京都は5日、新型コロナウイルスの感染者が新たに143人確認されたと発表した。1日あたりの感染者数で最多を更新し2日連続の100人台となった。都内の感染者は累計1000人を超え、増加傾向にある「感染経路不明者」は約半分を占める。感染経路がたどれないと、濃厚接触者や「クラスター(感染者集団)」が捕捉できず、感染の封じ込めも難しくなる。小池百合子知事は同日、NHKの番組で「リンクが追えない数が増えているのが大きなポイント。(感染拡大は)新たな段階に入った」との認識を示した。【内田幸一、南茂芽育】

 都によると、5日に感染が確認された143人のうち感染経路がたどれずに調査を続けているのは、過去最多の92人。都内の1日あたりの感染者は数人から10人台だったが、3月25日に41人に急増し、経路不明者も初めて2桁に乗った。4月4日には、感染者117人の7割近い80人に上っている。感染確認後も経路の追跡を続けているが、3日時点のまとめでは累計感染者773人のうち355人が不明のままだ。

 都によると、経路不明者が増える要因は、感染者の急増に調査のマンパワーが追いつかないことや、「夜の街」で感染した疑いのある人が、調査に応じないケースが多いことにある。

この記事は有料記事です。

残り864文字(全文1389文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もう一度めぐみを…」 講演1400回、署名1300万超…声を力に訴え続け 横田滋さん死去

  2. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  3. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  4. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  5. 「9月入学」狂騒曲 首相「指示」で始まったが…文科省幹部「最初から無理だと」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです