メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング 幻のモスクワ五輪代表・谷津さん「人生開く」 「監獄固め」、義足でレスラー復帰

猿田と対戦する谷津(左)=27日世田谷・駒沢体育館

 幻のモスクワ五輪代表が「義足のレスラー」としてリングに帰ってくる。1976年モントリオール五輪レスリング男子代表のプロレスラー、谷津嘉章さん(63)は昨年6月、糖尿病の合併症で右膝下を切断。それでもリハビリを重ね、今年6月に「DDTプロレス」の大会で復帰する。「挑戦心は死ぬまで持ち続ける」と語る不屈の精神に陰りはない。

 東京都内で3月18日に復帰記者会見を開いた谷津さんは「ついにここまできたかと感無量だ。相手には障害者だからと手加減するなよと言いたい。私は汗をかきながら義足でレスラーをしていく。遠慮するな。おりゃ!」と意気込みを語った。

 群馬県出身の谷津さんは栃木・足利工大付高(現足利大付高)でレスリングを始めた。日大時代には20歳で出場したモントリオール五輪の男子フリースタイル90キロ級で8位と健闘した。

この記事は有料記事です。

残り1012文字(全文1371文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです