メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

コロナショック 「首都封鎖」経済どうなる? 野村総合研究所エグゼクティブ・エコノミスト 木内登英さん

新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化する中、人通りの少ない新宿・歌舞伎町。大勢の人が飲み屋街へは向かわず、駅に流れていった=東京都新宿区で2020年3月30日午後6時40分、喜屋武真之介撮影

 ほんの数カ月前まで、映画の中の話でしかなかった「都市封鎖(ロックダウン)」が首都・東京で現実のものになるかもしれない――。新型コロナウイルスの感染拡大が進む中、緊迫した事態が今、この国を覆っている。かつて経験したことがないロックダウンが実施されたら、日本経済はどうなるのか。経済分析の専門家で、野村総合研究所エグゼクティブ・エコノミストの木内登英さん(56)に聞いた。

この記事は有料記事です。

残り2760文字(全文2945文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  2. 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです