メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画のミカタ

公開延期が続々、現場は戦々恐々=勝田友巳

営業縮小を余儀なくされる映画館。苦境が続く=2020年4月2日午後4時40分、勝田友巳撮影

 新型コロナウイルス、映画界も大混乱させている。

 新作の公開延期は3月から30本以上、さらに増えそうだ。ほとんどは新たな公開日が決まらず、1年先送りの作品もある。年間1200本も公開される日本は映画館の日程が過密で、スクリーンを奪い合っている。いま予定通り公開しても動員は期待できず、といって変更したらいつ日の目を見るか分からない。

 映画館も、時間短縮や週末休館など営業自粛が広がり、観客数は激減。法令で館内は十分な換気が定められ、清掃の徹底や入場制限など配慮しているとはいえ「絶対安全」と言い切れないのが悩ましい。延期延期で、かける作品もない。

この記事は有料記事です。

残り555文字(全文828文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. 自衛隊から不満の声 出口なき中東派遣 「なし崩しの延長」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです