メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号、子育て世帯アンケ 「避難しなかった」75% 「災害弱者の自覚を」 熊谷のNPO実施 /埼玉

[PR]

 熊谷市の子育て支援NPO「子育てネットくまがや」が、主に乳幼児のいる子育て世帯を対象に2019年10月の台風19号接近時の避難行動を尋ねるアンケートを実施し、フリーペーパー「ホップ・ステップ・ジャンプ」2020年春夏号で結果を公開している。回答者の約75%が「避難しなかった」と答え、「子供が迷惑だと思った」などの理由を挙げた。「授乳スペースがなくて困った」など避難所の課題も浮かび上がり、同団体は「今回の体験を次の災害時に生かしてほしい」と呼び掛けている。【大平明日香】

 同団体は台風19号が去った後、約2週間のうちに熊谷市内19カ所の子育て支援拠点を訪れた母親らにアンケートを実施。避難の有無や避難先、その理由を聞いた。

 熊谷市を中心に570世帯が回答。このうち143世帯が避難し、427世帯が避難しなかった。避難先は、避難所が46%、実家が44%、ショッピングモールの駐車場など「その他」が10%だった。

 避難しなかった世帯も、7割以上が「避難準備をした」「(2階などに上がる)垂直避難した」と回答した。避難しなかった理由については「子供がいるので危険・迷惑」が約3割と最も多く、「自宅が危険地域ではない」「雨風が強かった」「避難するタイミングを迷った」などの理由が続いた。

 避難した世帯からは、困った点として「授乳やオムツ替えのスペースがなかった」「子供が興奮して寝ないので朝4時に帰った」などの点が挙がった一方、「子連れ専用の部屋を用意してくれた」「図書室を使わせてくれたので子供が飽きずに過ごせた」などと、子連れ世帯に配慮された避難所もあった。同団体は「乳幼児や妊婦も災害弱者だと自覚を持ち、早めの避難を心がけてほしい。日ごろから近隣の人とあいさつするなど顔見知りを増やすことも必要」とまとめている。

 アンケート結果は熊谷市危機管理課にも提出し、避難所の子育てスペース確保などを要望した。同団体の大崎幸恵代表は「子供がうるさいなどと責められた例は実際にはなかったが、ママたちは遠慮して行けなかった。避難所によっても子育ての対応にばらつきがあった」と話す。現在、市内全ての子育て支援拠点が新型コロナウイルスの影響で休館しており「このような時期に防災特集を掲載することに意味があるかもしれない。それぞれの立場で何ができるか考える機会になったら」と話している。

 「ホップ・ステップ・ジャンプ」は、熊谷市の子育て支援拠点(休館中)や、同団体事務局(イオン熊谷店3階)などで入手できる。問い合わせは事務局(080・1115・5588)。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州豪雨 「今、流されている」 不明の女性電話で「さよなら」 夫は遺体で発見

  2. 耳栓にもアマビエ? まさかの商標出願に批判続出「誰のものでもない」

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです