メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

祭りも聖火リレーも… 新型コロナで中止、半田・宮路町地区 「チャンスある」希望捨てず /愛知

愛知県半田市の「ちんとろ祭」で、ちょうちんをともして住吉神社の池に浮かぶ「ちんとろ舟」=同市提供

 半田市宮路町地区は、新型コロナウイルスに2度翻弄(ほんろう)された。感染拡大の影響で、4月に行われる予定だった約200年の伝統を誇る祭りが中止に。直後には東京オリンピック・パラリンピックの延期に伴い、祭りに使われる船で運ぶことが決まっていた聖火リレーも取りやめになった。一時は意気消沈した住民らだったが、「また聖火を船に載せるチャンスがあるはず」と希望を捨てていない。

 宮路町の住吉神社には、1800年代に始まったとされる祭りがある。春の訪れを告げる風物詩で、市の無形民俗文化財「ちんとろ祭」だ。開催期間の2日間で毎年、県内外から約1万6000人が訪れる。

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文909文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「心が騒ぐような情報からは距離を」 相次ぐ著名人の自殺報道、専門家が助言

  2. 東洋紡工場で火災 爆発音後に煙、2人死亡 愛知・犬山

  3. 長さ2mのバトン、掛け声は紙で、競技はテレビ中継…コロナ下の運動会

  4. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  5. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです