連載

現場から

毎日新聞デジタルの「現場から」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

現場から

「横領」誤情報で甲南大生自殺/下 調査過程、不透明のまま 客観性乏しい学内委 /兵庫

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 2018年に神戸市の甲南大2年だった男子学生が自殺した問題で、大学側はハラスメント委の調査過程の詳細を明らかにしておらず、遺族は納得していない。甲南大のハラスメント委とはどのような組織なのか。

 大学がホームページで公開している規定によると、副学長▽学生部、学長室事務部、総務部の各部長▽学長が指名する専任教員――で構成。遺族によると、委員長を務めたのは中井伊都子副学長(当時)で、男子学生が直接聴取を受けた委員の教員3人の名前は分かるが、大学側から、他の委員の名前や委員会の開催回数などは知らされていない。

 学生は、同委が設置した調査委の聞き取りに「(部長が他の部に出した入部拒否要請の)撤回文は名誉の回復にはなっていない。部に非があったことを完全に表にし、部が誤っていることを明らかに示してもらいたい」などと話していた。この訴えがどう受け止められたのかを詳しく検証しようにも、ハラスメント委の議事録は学生への聴取録を除き非公開で、他に聴取した学生や教職員の人数、肩書なども不明のままだ。

この記事は有料記事です。

残り869文字(全文1314文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集