メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マリコのご機嫌さんで

コロナ禍、私にできること /島根

動画配信を行う筆者

 松江市在住の音楽家・浜田真理子です。春から1年ぶりに本紙で月一コラムを担当します。以前は島根版のみでしたが、今回からは島根・鳥取版です。鳥取のみなさんよろしくお願いします。

 お話をいただいたのは昨年末。記念すべき第1回には何を書こうかと楽しみにしていました。音楽舞台「マイラストソング」のことや、テーマソングを担当した「第71回全国植樹祭しまね」のことなど、まずは音楽活動の話からと漠然と考えていたのですが、新型コロナウイルス禍で出はなをくじかれてしまいました。

 2月以降のライブは多くが中止や延期になりました。感染者が出始めた頃のニュースではライブハウスという単語を聞かない日はありませんでした。音楽と旅が仕事のわたしにとっては、肩身の狭い思いをしました。

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文916文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです