メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

ボランティアセンター閉鎖 倉敷・真備、復興に7万人の力 戻った日常、感謝尽きず /岡山

倉敷市真備町下二万の山口哲之さん宅で作業するボランティア=2019年6月、共同

 2018年7月の西日本豪雨で広範囲が浸水した倉敷市真備町地区を拠点にしてきた市のボランティアセンターが3月31日、閉鎖した。受け入れたボランティアは延べ約7万6400人、ピーク時は1日約2300人に上った。被災者の感謝は尽きない。

 「もしセンターがなかったら今の生活はなかった」。倉敷市真備町下二万の無職山口哲之さん(75)は、妻と暮らしていた家が水につかり全壊した。家財道具の運び出しや泥の搬出をボランティアに依頼。その後も泥が付いた柱や梁(はり)の拭き上げで手を借りた。

 自宅をリフォームし昨年10月、仮設住宅から戻った。「近所も皆、被災し『これからどうしよう』という時に来てくれた。暑い中、作業を続けてくれて背中を押された」と笑顔で語った。

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文710文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  3. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです