メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

悩む断食月 イスラム諸国、コロナ拡大危機

聖地メッカのカーバ神殿の床の消毒作業をする作業員ら=サウジアラビア・メッカで3月5日、AP

 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が続く中、イスラム諸国で4月23日ごろに始まるラマダン(イスラム暦の断食月)期間中の「集団感染」が懸念されている。宗教行事の最中に多くの人々が濃厚接触することも予想され、各国の政府や宗教関係者は対応に苦慮している。【カイロ真野森作、ジャカルタ武内彩】

 約1カ月続くラマダンは感染拡大のリスクも伴う。人々は日の出から日没まで飲食を断つが、日没後は大勢で食卓を囲んでイフタール(日没後の食事)をとり、深夜まで友人宅などを訪ね歩くため、イスラム教徒同士の接触がより濃密になるのだ。

 アラブ諸国で最多の人口約1億人が暮らし、その9割がイスラム教徒のエジプト。全国に10万以上あるモスク(イスラム教礼拝所)は全て閉鎖され、通常は集団礼拝でにぎわう金曜日も静まりかえっている。夜間外出禁止令も発令中で、宗教財産省は4日、慈善団体などがイフタールの食事を振る舞うことを許可しないとする声明を出した。

この記事は有料記事です。

残り1718文字(全文2135文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

  2. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

  3. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

  4. 豪雨の死者18人に 熊本県発表 心肺停止16人、行方不明14人

  5. ORICON NEWS 浜崎あゆみ、ドラマ『M』最終回で初コメント「最低で最高で、大嫌いで大好きでした」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです