メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中のはざまで

安保条約60年 第2部/6 北極海の探査加速 揺らぐ「平和の海」

2019年9月18日の北極の海氷の広がり。オレンジの線は1981~2010年の同じ日の平均的な範囲=米雪氷データセンター・NASA提供・共同

 地球温暖化で海氷が減る北極海を巡り、各国が開発を急いでいる。経済権益拡大を目指す中国が北極海の探査を急ピッチで進め、周辺国への影響力を増している。米国も警戒を強め、周辺国から戸惑いも広がる。日本政府も砕氷研究船建設の方針を固めるなど、北極海への関与を急ぐ。冷戦後、「平和の海」とされてきた北極海を巡る各国の思惑は交錯し、複雑さを増している。【「米中のはざまで」取材班】

 「日本で北極科学大臣会合を開こう」。2018年2月、来日したアイスランドのグリムソン前大統領は、林芳正文部科学相(当時)を訪ね、こう切り出した。

この記事は有料記事です。

残り2813文字(全文3071文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「翌月」を「翌日」 コロナ対策本部でまた言い間違え

  2. 文科省、個別入試の中止・変更をけん制 全大学に「慎重な検討」促す

  3. 日医会長「訪日外国人患者受け入れ、可能ではない」東京オリンピック開催に厳しい見方

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです