メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

西村書店/下 書物の価値を信じ挑戦

新潟市中央区にある西村書店=提供

 <since 1916>

 西村書店は創業100年を迎えた2016年春、江戸時代の蘭方医、杉田玄白らがオランダ語の医学書を翻訳した「解体新書」を復刻・刊行した。西村書店にふさわしい記念出版物だった。

 いま、西村書店の目録にある出版物は約800点を数える。このうち最も多くを占めるのが医学書で、美術書、絵本などがこれに続く。2019年度は21点を刊行した。

 西村書店の売り上げは、出版と書店でほぼ半々の割合。社長の西村正徳さん(74)は今の水準を手堅く守る経営を心がけている。

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文773文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  2. フジテレビ、「テラスハウス」打ち切り 木村花さん急死で

  3. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです