メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生100年クラブ

マネー編 定年後投資デビューの危うさ 退職金でリスク資産運用

 

 <くらしナビ ライフスタイル>

 日本人の「現預金好き」は有名だ。政府は長年、個人マネーを証券市場に取り込もうと「貯蓄から投資へ」を呼びかけてきたが、ほとんど浸透していない。だが、年代別にみると、本来、投資リスクを回避すべき高齢者ほど投資にのめり込んでいるというゆがみがある。

 ●60代は前のめり

 日銀「資金循環統計」によると、家計金融資産1835兆円(2019年3月)のうち現預金は53%を占め、「株式+投資信託」のリスク資産は14%と少ない。米国が現預金13%、リスク資産46%であるのと対照的だ。ユーロ圏でも現預金34%に対してリスク資産は28%ある。ところが、これを年代別にみると違う風景が現れる。高齢者ほど投資をし、リスク資産を多く抱える傾向があるのだ。

 総務省の「14年全国消費実態調査」で株式・投信など有価証券を保有する世帯の割合をみよう。世帯主が30~40代は10%台にとどまるが、60代は29%、70代は28%と高まる傾向がある。保有資産額は高齢者のほうが大きいため、投資実額では、40代は平均78万円だが、60代は同307万円、70代は同336万円もある。

この記事は有料記事です。

残り1495文字(全文1983文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市長の「第2波の渦中」発言に菅氏「感染経路追えている」 官房長官会見詳報

  2. 「くまモンマスク」ほしいモン 知事会見で熱視線 製造企業続々、柄も豊富

  3. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  4. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  5. 黒川氏辞職受け、森法相が訓示 「人ごとと捉えず、立場の自覚を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです