連載

教育の森

大学入試や主権者教育、インターネットなど、子どもたちをめぐる教育の課題、変化を探ります。

連載一覧

教育の森

高校生の就活ルール 変わるか「1人1社制」の慣行

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
校内の廊下に掲示された求人票を見る高校生=関東地方の私立高で2019年8月
校内の廊下に掲示された求人票を見る高校生=関東地方の私立高で2019年8月

 <kyoiku no mori>

 高校生の就職活動は、解禁日には1社しか応募できない「1人1社制」と呼ばれる独特のルールが慣行として根付いている。職業選択の自由を阻害しているとの指摘もあり、国の検討会議は今年2月、複数社への応募も含めて地域ごとに見直すことを促す報告書をまとめた。ただ、学校や企業の根強い支持もあり、脱「1人1社制」が広がるかは不透明だ。

この記事は有料記事です。

残り1354文字(全文1532文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集