メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操絶対女王、揺れる心 バイルス集大成、五輪延期で葛藤

 東京オリンピックの1年延期の決定は、体操の絶対女王の心を激しく揺さぶった。2016年リオデジャネイロ五輪で4冠に輝き、東京五輪を集大成に引退することを表明していた23歳のシモーン・バイルス(米国)は、出演した米NBCテレビの番組で「何も考えられず、座って泣いていた」と延期を知った直後の率直な感情を吐露した。

 リオ五輪後は休養に入り、復帰した18年以降はさらにパワーアップした姿を見せてきた。昨年の世界選手権では圧倒的な身体能力を生かし、男女を通じて最高のJ難度となる床運動の新技「バイルス2」(後方抱え込み2回宙返り3回ひねり)に成功。史上2人目の5冠を達成し、東京五輪で何個の金メダルを手にするかが次の関心事になっていた。

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文627文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  3. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

  4. 時の在りか 小池都知事再選を危ぶむ=伊藤智永

  5. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです