メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋田は美容所の密度が全国1位 おしゃれ追求は戦前から 伝説の美容師も

わずか数メートルの距離で複数の美・理容室に出くわす秋田県内=秋田市保戸野通町で、川口峻撮影

 「えふりこぎ(見えっぱり)」とされる秋田県民は、美への意識も高いのだろうか。

 厚生労働省の「衛生行政報告例」(2018年度)などによると、人口1万人当たりの美容所は31・07カ所と全国最多。30カ所を超すのは、他に2県しかない。

 「1次産業が栄えた豊かな土地柄で、女性がぜいたくにおしゃれができる環境があったのではないか」と話すのは、県美容生活衛生同業組合の山本久博理事長(69)。かつては婚礼儀式も豪華で、特に収穫期の秋には客の財布のひもが緩んだという。

 さらに地元に根ざした個人経営が主流で、小規模な店舗が多いことも要因とする。1店当たりの美容師は1・54人で、3人超の東京や神奈川の半分程度にとどまっている。

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文843文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

  2. コロナワクチン接種、まずは医療従事者に 高齢者らも優先度高く 政府検討

  3. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

  4. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  5. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです