メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日米軍も関東の基地に「緊急事態宣言」 新型コロナで厳格な対策「感染は着実に増加」

住宅群の中に広がる米軍横田基地=東京都昭島市で、本社ヘリから撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、在日米軍司令部は6日、横田や横須賀など主要基地を含む関東地方の米軍基地に厳格な感染症対策を求める「公衆衛生緊急事態宣言」を発令した。在日米軍の声明では「東京での新型コロナウイルスの感染例は着実に増加している。宣言によって、各基地の司令官に、米軍施設で勤務・生活している軍人や市民、軍属の健康保護対策をとるのに必要な権限を与える」と説明した。

 在日米軍によると、各基地の司令官はこれまでも感染症対策をとってきたが、隊員らが指示に従わない場合の対応を含めて、権限を強化したという。声明は具体的内容には触れていない。宣言の対象には、横田、横須賀、厚木、座間など関東地方の米軍の主要基地が含まれている。

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文722文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲・中川部屋、師匠の暴力行為で閉鎖へ 行き過ぎた指導か

  2. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  3. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  4. 東京の感染者、「夜の街」関連110人 新宿でのアイドル舞台で10人感染「クラスター」か

  5. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです