メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

想像の翼広げる肉声の朗読が消えていく 視覚障害者向け音訳ボランティア活動終了 宮崎

自宅の書斎で毎日小学生新聞などの音訳を約30年間続けた衛藤美恵子さん=宮崎市で2020年2月17日午前11時14分、田崎春菜撮影

 本や新聞を読み上げて録音し、視覚障害者の元へ届ける音訳ボランティアが高齢化している。そんな中、宮崎市の奉仕団体「宮崎点訳朗読奉仕・いづみの会」が高齢化のため、3月末で49年の活動に幕を下ろした。技術の進歩で合成音声による読み上げソフトが普及する一方、温かみのある肉声で利用者の世界を広げてきた。解散を惜しむ声が広がっている。

 「(日本点字図書館付属の)『ふれる博物館』に行きました。目が見えない人にも、名画を楽しんでもらう目的で作られた触れる絵です」。1月下旬、宮崎市生目台の自宅で衛藤美恵子さん(70)がマイクに向かって語り掛けていた。いづみの会の会員で、毎日小学生新聞(毎小)の音訳を約30年間、続けてきた。

この記事は有料記事です。

残り1329文字(全文1636文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿区、困窮者に退出促す ホテル滞在、東京都の延長知らせず

  2. 国際線運休で帰れない…関西のベトナム人技能実習生、生活困窮深刻に

  3. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  4. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  5. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです