J1札幌の選手が年俸総額1億円の返納提案 新型コロナで再開延期

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【柏-札幌】マスクを着用して観戦する大勢のサポーター=三協フロンテア柏スタジアムで2020年2月22日、宮武祐希撮影
【柏-札幌】マスクを着用して観戦する大勢のサポーター=三協フロンテア柏スタジアムで2020年2月22日、宮武祐希撮影

 サッカーのJ1札幌は6日、所属する全選手28人から今季の年俸の一部をクラブに返納するとの申し出があったことを明らかにした。総額は約1億円にのぼる。新型コロナウイルスの感染拡大で公式戦再開の見通しが立たないクラブの経営を支援する狙いで、札幌は受け入れるか調整中としている。

 クラブによると、主将のMF宮沢裕樹、選手会長の荒野拓馬、最年長35歳のGK菅野(すげの)孝憲の3選手が支援策を協議し、3日のミ…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文502文字)

あわせて読みたい

注目の特集