メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一筆半歩

球場に向かう日を待つ=鈴木斉 /北海道

 3月11日、新型コロナウイルスの影響で第92回選抜高校野球大会の中止が決まった直後、21世紀枠で初出場が決まっていた帯広農(帯広市)野球部長の白木繁夫教諭(60)は「甲子園には立てませんでしたが、ここまでの生徒たちの経験は将来に必ず生きてくると思いますし、生かさねばなりません」とのコメントを報道各社に寄せた。3月末で定年退職。白木部長にとっても夢舞台のラストチャンスだった。無念さをぐっとのみ込み、教育者と…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文513文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ対策「アドバイザリーボード」再開 「夜の街」呼称やめ「社交飲食店」に

  2. 首相と菅氏、吉村知事を厚遇「リーダーシップに敬意」 小池氏と対照的

  3. 独自大会で3時間の降雨中断 鹿児島城西ナインが取った思わぬ行動 高校野球

  4. 「佐川さんには私の目を見て話をしてほしい」 近畿財務局職員の妻雅子さん

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです