メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪・新体操ブルガリア代表応援 「コロナに負けるな」 ホストタウンの村山市民らビデオレター /山形

ビデオレター撮影で、ブルガリア国歌を歌う出演者ら=山形県村山市農村環境改善センターで

 新型コロナウイルスの影響で、開催が2021年に延期された東京オリンピックに出場する新体操ブルガリア代表のホストタウンの村山市が、選手を激励するために「応援ビデオレター」を製作した。市民らは、来年夏のオリンピック開幕を心待ちにしている。【藤村元大】

 代表チームは、17年から毎年約2週間、同市で合宿を行ってきた。今年も7月から合宿が予定されていたが、新型コロナの感染拡大によって大会延期が決まり、合宿は中止になった。現在、選手たちは母国の自宅でトレーニングを余儀なくされているという。

 このため、市の東京オリンピック・パラリンピック交流課と、代表チームの愛称「ゴールデンガールズ」の1回目の合宿に携わった市民ボランティアを中心に発足した「ゴールデンガールズファンクラブ」(会員約400人)が、ビデオレター撮影を企画し、3月31日、市農村環境改善センター(同市中央1)で撮影を行った。

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文641文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  3. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです