メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 小中で新学期 再開か休校延長か 自治体対応割れる /静岡

始業式で浜村幸美校長(写真右)の話を聞く児童たち。全員がマスクを着け、間隔を空けて座った=静岡県伊東市立旭小で

 新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、県内の一部の小学校、中学校で始業式が行われ、新学期が始まった。一方、子どもが感染するリスクがあるなどとして臨時休校の延長を決めた自治体もある。文部科学省は学校の再開や臨時休校について、全国で一律でなく、自治体に判断を委ねており、対応にばらつきが出た。【梁川淑広、石川宏、福沢光一】

 伊東市は6日、市内の小学校10校、中学校5校で新学期をスタートさせた。中学校は入学式も実施した。

この記事は有料記事です。

残り727文字(全文937文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  3. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです