メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 自治体一転、休校を延長 県、自主登校教室設置要請 /愛知

椅子の間隔を80センチ空けて行われた入学式=愛知県岡崎市立岡崎小学校で

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、安倍晋三首相が「緊急事態宣言」を7日に発令すると表明した6日、この日に小中高校の入学式や始業式を実施した県内の多くの自治体では一転、臨時休校の19~24日までの延長が決まった。一方、この日に入学式があった各学校では、厳戒態勢の中、新1年生が式典に臨んだ。

 6日に県立高校・特別支援学校の休校期間を19日まで延長することを決めた県は、県内の各市町村教育委員会などにも休校延長を要請した。部活動についても19日まで自粛するよう求めたほか、自宅で過ごすことが難しい児童生徒を学校で受け入れるため、自主登校教室を設けることも要請した。

 また、各学校の判断で、新しいクラスや担任の発表、休校中の課題を渡すなどする「登校日」を設けることも決めた。

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文959文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

  2. 元TOKIO山口達也容疑者を現行犯逮捕 酒気帯びでバイク運転の疑い

  3. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  4. 同性愛が処罰された時代に描かれたゲイアート「トム・オブ・フィンランド」 大使館が発信するまでの歴史

  5. 検証プラス・新型コロナ 遅い政策、消えた「味」 コロナ倒産500件、中小企業に打撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです