メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

すぐそこ世界ごはん

スリランカ料理店「カフェパハナ」 本場のスパイス、自慢 /愛知

弁当用に販売する料理。左手前の2皿が一番人気のホームメイドプレート

 金山総合駅(名古屋市)から程近いスリランカ料理店「カフェパハナ」は、本場のスパイスが利いたカリーと、契約農家が栽培する新鮮な野菜が自慢だ。昼は近隣で働くサラリーマン、夜は遠方からも常連客がやって来る。

 「日本人7割、母国を含めた外国人が3割くらいかな」と店主のスリランカ人、マハラゲ・マンジュラ・ムナシンハさん(43)。記者が訪れた日も顔ぶれはさまざまで、居合わせた客同士が楽しげに会話を交わしていた。

 マンジュラさんは18年前に来日。妻は日本人で、母国でシェフをしていた時、当時留学生だった妻と知り合い、結婚したという。「料理を好きになったと今も言われる」と笑う。店を開いて16年。「いい物を出さないと日本で生き残れない」と食材にこだわる。

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文957文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 高相容疑者、覚醒剤使用の疑いで逮捕 酒井法子さんの元夫 警視庁

  4. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです