メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラカードで園児らに交通安全PR かつらぎ /和歌山

交通安全を呼び掛けるプラカードを持って立つかつらぎ署員ら=かつらぎ町佐野で、藤原弘撮影

 春の全国交通安全運動が始まった6日、かつらぎ署はかつらぎ町佐野の町立佐野こども園近くの町道で、手作りの段ボール製プラカードを使って交通安全を啓発した。新型コロナウイルスによる感染予防のため、通園する園児や保護者に対して、接近せずに交通安全を呼び掛けようという苦心の作戦だ。

 プラカードは7種類で、「横断歩道は歩行…

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文365文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  2. コロナ患者また抜け出し 大阪の療養ホテルから 府が警備員増員する直前

  3. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  4. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです